精密板金・建築金物・マシニング加工・製缶・鋼構造物設計・製作・施工、セラミック加工、30tクレーン製造許可工場、海上輸送等|株式会社 南光

COMPANY PROFILE

会社情報

PHILOSOPHY

基本理念

幸福創造業

株式会社南光は、お客様の信頼に応える技術・サービスを
モノづくりを通して提供し、地域社会に貢献すると共に
全社員と我社に関わる人々の幸福を追求します。

経営理念

・私たちは、各自の持っている技術と知識を遺憾なく発揮し、
モノづくりを通して地域社会の発展に貢献します。

・私たちは、製造業としての誇りは元より、
サービス業としての精神を忘れることなく、常にお客様に接し、
お客様の信頼に応えます。

・私たちは、創造性豊かな活気あふれる企業風土をつくり、
全社員が豊かで明るい家庭生活を営めるようにします。

2028年ビジョン

ワンストップサービス製造業の
九州No.1になる

Greeting

ご挨拶

代表取締役社長
上田平 孝也

株式会社南光は1971年に有限会社南光プレス工業として日本本土の最南端の鹿児島で創業しました。
『南光』の由来は、日本のの地からり輝く企業となり、社会へ貢献出来る企業を目指す所から来ています。創業から半世紀が過ぎ、数々の荒波を乗り越えて日本国内は元より一部海外との取引も始まり、それぞれの地域社会へ微力ながら貢献させてもらっています。
弊社は金属・非鉄金属の加工を始めとし、セラミックなどの難削材と呼ばれる素材の加工まで出来る技術を有しており、建築関連・装置関連・プラント関連・自動車関連と、あらゆる分野の仕事に関わっています。
創業者・上田平 勝の口癖、「仕事は断らない」「南光はサービス業だ」の精神で今後も新たな仕事に挑戦し、基本理念である『幸福創造業』を全社員で目指していく企業です。

Over View

会社概要

会社名 株式会社 南光
代表者 代表取締役社長 上田平 孝也
所在地 鹿児島市七ツ島二丁目1番地
設立 1971年
資本金 100,000,000円
年 商 30億9223万円(54期)
事業所 本社第一工場、本社第二工場(鹿児島市)、
隼人工場(霧島市)川内工場(薩摩川内市)、
志布志工場(志布志市)、都城工場(宮崎県)、
東京事務所、沖縄出張所
従業員数 220名(男201名、女19名)※内、パート等7名
連絡先 TEL:099-263-0890 FAX:099-262-3551
主要取引先銀行 鹿児島銀行 卸本町支店
鹿児島信用金庫 南栄支店
商工中金 鹿児島支店
日本政策金融公庫 鹿児島支店
主要取引先
(五十音順・敬称略)
■建築関連
 (株)淺沼組
 (株)大林組
 (株)熊谷組
 大成建設(株)
 (株)竹中工務店
 西松建設(株)
 (株)不二サッシ九州
 AGC硝子建材(株)
 ……その他多数

■機械加工関連
 京セラ(株)
 東プレ(株)
 (株)ハクヨウ
 不二精機(株)
 (株)マルマエ
 (株)IHI機械システム
 JFEエンジニアリング(株)
 ……その他多数

■プラント関連
 (株)西鋼
 古河産機システムズ(株)
 ……その他多数

■自動車関連
 ダイハツ九州(株)
 (株)トヨタ車体研究所
 富士シート(株)
 (株)ワイテック
 ……その他多数

アクセス

本社第一工場

〒891-0132 鹿児島市七ツ島二丁目1番地
TEL:099-263-0888 / FAX:099-261-0909

管理本部・生産技術部・品質保証部

〒891-0132 鹿児島市七ツ島二丁目1番地
TEL:099-263-0890 / FAX:099-262-3551

営業統括部

〒891-0132 鹿児島市七ツ島二丁目1番地
TEL:099-263-0456 / FAX:099-261-8911

【東京事務所】
〒135-0047 東京都江東区富岡2-3-3  竹内第三ビル203号
TEL:03-3642-1515 / FAX:03-5875-8802

【沖縄出張所】
〒沖縄県那覇市安謝一丁目15番29号102号室
TEL/FAX 098-987-6616(共通)

本社第二工場

〒891-0132 鹿児島市七ツ島二丁目番地1番地
TEL:099-261-3377 / FAX:099-261-7848

【セラミック工場】
〒891-0132 鹿児島市七ツ島一丁目4番地14
TEL:099-210-5660 / FAX:099-210-5665

F・E部

〒891-0132 鹿児島市七ツ島二丁目1番地
TEL:099-263-0450 / FAX:099-261-8911

◆指宿枕崎線五位野駅より車で約5分
◆指宿スカイライン谷山I.C.より車で約10分

隼人工場

〒899-5106 鹿児島県霧島市隼人町内山田1661
TEL:0995-42-7800 / FAX:0995-42-7331

◆JR日豊本線隼人駅より徒歩で約15分又は車で約3分

川内工場

〒899-1924 鹿児島県薩摩川内市港町字松原360-25号
TEL:0996-26-3858 / FAX:0996-26-3848

◆JR川内駅より車で約15分
◆国道3号線川内港入口より車で約5分

志布志工場

〒899-7104 鹿児島県志布志市志布志町安楽6142-3
TEL:099-472-3330 / FAX:099-472-3535

◆JR志布志駅より車で約15分

都城工場

【製造一課】
〒885-0004 宮崎県都城市都北町7460-1
TEL:0986-38-4158 / FAX:0986-38-1825

【製造二課】
〒885-0004 宮崎県都城市都北町7037-1
TEL:0986-47-1389 / FAX:0986-47-1366

◆宮崎道 都城I.Cより車で約5分

NANKO Since 1971

南光のあゆみ

南光のはじまり・・・「困った時の南光さん」

弊社は、前身の荒田板金で自動車などの板金を生業としていました。当時は、鹿児島に金属材料の切り・曲げ加工をする業者が無く、板金の資材は熊本から仕入れを行っていました。そこで不便さを感じていた事と、鹿児島の人達の為にもなると、先代の社長が昭和46年に㈲南光プレス工業を立上げ、自分達で切り曲げから出来る板金加工業が始まりました。
創業当時から「来る仕事は断るな」をモットーに、製造業でありながらお客様に寄り添い、お客様の困り事にサービス業の精神と、最南端鹿児島在企業としての距離を感じさせない対応で、色々な分野、広い地域からの仕事に挑戦し成長してきました。その結果、鹿児島と宮崎で6工場持つまでになり、6工場すべてが異なる分野・業界の製品を製作する様になりました。また、「困った時の南光さん」という口コミが広がり、特に営業をせずとも受注が絶えませんでした。

バブル崩壊・ITバブル崩壊・リーマンショックの経験

しかしその様な中、バブル崩壊、ITバブル崩壊、リーマンショックを経験しました。2008年に発生したリーマンショック時は、全ての工場で仕事量が激減し、会社全体の業績が悪化しました。業績が上がらない中、金融機関より人件費の削減を要請され、ワークシェアリングや雇用安定助成金を活用しましたが、更なる削減をしなければならない状況になりました。従業員数そのものを削減するか、従業員の雇用は守りつつ、従業員の給料をカットするかの2者選択を強いられました。経営者判断で後者を選択しましたが、業績回復はなかなか進まず、その結果として2008年に263名いた従業員が、2013年には189名まで減りました。

ワンストップサービス製造業の九州No.1を目指して

今までのようにそれぞれの工場で出来る仕事を取るのではなく、それぞれの工場の得意な分野も含め、他工場で出来る仕事も一緒に受注して仕事を確保する必要があると感じました。これらの経験から、工場間の連携と組織力を通じてお客様に価値を提供し、当てにされる組織になれるよう取り組んできました。
特に一貫したモノづくりが各分野にて求められ、装置やプラント分野では製缶から機械加工・塗装・組立、建築金物分野では設計・製作・施工、セラミック加工分野では切削・研削、自動車関連分野では設計・製作など、それぞれの工場の持つ技術を駆使して、工場間での連携を図りながら製作する事が求められてきています。ワンストップサービス製造業の九州No.1を目指し、従業員一丸となり奮闘していきます。

年表

1971年 (有)南光プレス工業として、資本金70万円で鹿児島市新栄町に設立
1977年 鹿児島市南栄に本社工場移転、資本金を850万円に増資、ベンダー部門(現:本社第一工場)設立
1978年 南光プレスベンダー工業株式会社に社名変更
1979年 資本金1,750万円に増資
1986年 株式会社南光に社名変更
1988年 七ツ島工場を開設し、精密機械加工部門を移転(現本社第二工場)、旧本社社屋完成
1989年 資本金を3,500万円に増資
1991年 船間島工場(現:川内工場)開設、クレーン製造許可取得。隼人工場開設
1992年 カンガルーバンパーの生産ラインで、トヨタ生産方式の指導を受ける(1回目)
1993年 東京事業所・都北工場を開設、資本金3,700万円に増資
2000年 えびの工場・福岡営業所を開設
2001年 (有)シミズ製作所と合併⇒南栄第二工場(現:本社第一工場)開設、資本金15,100万円に増資
2002年 (株)シックテクノと合併⇒南栄第三工場(現:本社第一工場)開設。
2003年 資本金10,000万円に減資。第一回スポーツ大会開催(1回/年実施中)
2004年 ISO9001認証取得(管理本部・川内工場・第一開発部)。IHI九州事業所跡地に南栄工場(3工場)並びに本社機能移転。都城工場、都北工場統合
2008年 リーマンショックの発生。
2009年 志布志工場開設。自動車部品製造会社へ出向(第一陣)。自動車分野参入
2010年 ISO9001認証取得(全工場取得済み)。南光塾の実施。食品分野参入
2016年 アニバーサリー・リフレッシュ休暇制度の導入 作業服の支給(2着/年)
ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金採択
補助金対応、形鋼専用高精度3次元レーザー加工機(3D FABRI GEAR 400 II)の導入(川内工場) 沖縄事務所開設

Quality

品質方針

品質方針について

株式会社南光は経営理念ならびに適用法規の下、物づくり屋としての高い技術を設計・製作を通して製品に織り込む為の品質管理及び品質システムを構築し、お客様が満足して頂けるようにお客様からの要望を反映した商品並びにサービスを提供します。

品質に関しての指針

1.「ISO9001:2015」を導入し、全社員に浸透させ、お客様の要望に応える。
品質保証は三確を基本とする。
 ● 品質の確保…品質は工程で作り込む。
 ● 品質の確認…受入検査、工程内検査、最終検査の実施。
 ● 品質の確約…品質水準を保証する。
ISO認証の詳細はこちらまで → ISO認定証(PDF)

2.数物の生産においては必ず治具などを作成し、効率のいい製品づくりをする。初物のチェック・中間チェック・最終品のチェックを行い、不良品の撲滅を図る。チェック内容は必ず図面に書き込む。

Environment

環境方針

環境方針について

継続的に以下の環境活動に取り組みます。
 ● 電気使用量の削減
 ● 紙使用量の削減
 ● ボランティア清掃の実施

環境管理事業所認定

環境管理事業所に認定されております。
(平成30年1月22日~平成33年1月21日)
環境管理事業所の詳細はこちらへ → 環境管理事業所申請書 (PDF)

地球の未来のために 私たちからの提案

地球の温暖化、地下資源の枯渇など、私たちを取り巻く環境は悪化の一途をたどっています。弊社では、それら環境改善の手助けになるよう、研究・開発を行ってまいりました。忍び寄る環境破壊に歯止めをかけ、子供たちの未来をまもるために・・・。南光からの提案です。

Parenting support

子育て応援企業

弊社は子育て応援企業に登録されています。

基本理念として幸福創造業を掲げ、その一環として、社員が「仕事」と「育児」を両立できるように環境整備を進めています。
育児休業の取得や、子供の地域や学校での行事ごとに積極的に参加できるような職場づくりを心掛けています。